BlackteaのDiary by R
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
霰粒腫のこと
e0127033_1512415.jpg
去年の9月の終わりごろ、娘は「ものもらい」になりました。
すぐに治るタイプのものではなく「霰粒腫」という、しこりが残りやすいタイプのものです。
運動会に卒業アルバムの写真にと、イベント続きだったのもあり、
治す方法などネットで検索してみましたが、あまり見つけられなかったこともあって
娘の場合を書いておきたいと思います。

結論から言うと、すぐには治りませんでした。長い時間をかけての自然治癒です。
大人になってからなった場合は、切除してもらったりするようですが
眼科2か所にかかりましたが、どちらでも、「小さい子だし手術は負担になる可能性も。
そしてまぶたの形が変わってしまうので、お勧めできない」ということでした。
塗り薬と目薬を処方され、毎日朝・昼・晩とつけ、本当に少しずつ腫れが引いていき
ある日、中の膿がはじけたように小さくなりました。
そしてその傷跡(残された腫れた部分の余分な皮)が半年たってやっと目立たないぐらいに。
完全に治ったのは本当に最近なので、約1年かかりました。
今でもほんの少しですが、跡に赤みが残っているので
完全に治ったとは言えませんが、ほとんどわかりません。

「とにかく早く眼科に行くこと。」しか出来るようなことは思いつかず
あまり役に立たない話だとは思うのですが・・・

娘の場合、一度腫れを見つけた時に、市販のものもらい用の目薬を
つけていたのです。それで一時よくなり、なくなっていくものと思ったら
再度大きく腫れてしまい・・・。
眼科の方曰く、市販の目薬では効かないそうです。
あの時最初から眼下に連れて行ってあげたら、もっと早く良くなっていたかなと
本当に悔やみました。
目が腫れたままの顔、薬をつけても一向に小さくならず
いつになったら治るのかなと、毎日毎日やきもきしていたのですが、
最初にお医者様に言われたように「これはなかなか治らないから。長い付き合いになるよ」
というその言葉通り、一年ぐらいの付き合いになるようです。

過ぎてしまえばあっと言う間だったのですが、1年という時間は長く
こんなに小さい頃から顔に傷が残ってしまうのかと、親として私も本当に落胆しました。
きっと同じ病気にお子さんがなられた方は、
同じような気持ちで心配していらっしゃると思うので、
少しずつですが良くなり消えていきますので、安心して下さいね。





卒業アルバムの写真を撮るまでには、目の腫れは治らず
娘の写真は目の部分を修正されることになりました(笑)
よく就職活動で、アナウンサーなどを志望する人は、きれいに見えるよう
シミや顔色などを修正してもらうところにお願いしたりしますよね。
幼稚園の卒園アルバムで修正になるとは・・・これも思い出です(笑)

修正されてどんなことになっているだろう?というのが
気がかりだったアルバムですが、ちゃんと娘の顔でした。
それよりも、ずいぶん幼くぽちゃっとした顔だったなというのが気になり・・・
たった1年でも、ずいぶん成長しているんだなと再確認でした。

[PR]
by blacktearambler | 2009-09-11 14:40 | My daughters
<< 花の額 7th Birthday! >>